念佛宗無量壽寺(念仏宗)には、お参りに行くにはどうすれば良いですか?

念佛宗無量壽寺総本山の一般参詣は、お申し込み順にお参りができます。申込書を希望日の1週間前までにFAXすることになっているようです。因みに、観光寺院ではないようなので、拝観料はないとのことです。電車の場合は大阪駅からJR福知山線にお乗り頂き、「新三田駅」でおりて、タクシーにて約30~40分で着きます。車の場合は、中国自動車道の「ひょうご東条」インターから約15分です。
◯ 〒673-1472 兵庫県加東市上三草1136番地

念仏宗(念佛宗)は、何故こんな大きなお寺を建てたのですか?

全世界3億7千万人の仏教徒のために30年の間、信者の方がこつこつと布施を貯めて作ったそうです。本当はお釈迦様の生まれたインドが仏教の聖地であるべきなのですが、インドはヒンドゥー教がメインとなってしまっておりキリスト教のバチカンや、イスラム教のメッカのような仏教の聖地と言える地がないため、佛教之王堂(The Royal Grand Hall of Buddhism)と呼ばれる聖地を作ったそうです。

念佛宗(念仏宗無量寿寺)の信者にはどんな方がいるのですか?

日本人だけではなく、外国の方もいます。日本人は、普通のサラリーマンの方もいれば、会社を経営されている方などさまざまで、小さいお子さんもたくさんいます。お子さん向けには年に一回林間学校も実施しているようです。

念佛宗の佛教之王堂には、どんな方がお参りに来ますか?

念佛宗には、ご家族や、友人で来られる方が多いです。中には、観光バスで来られるようなグループもあります。最近では、海外から一生に一度はお参りに来たいということで来られる方もいるようです。皆さん、念仏宗(念佛宗)の佛教之王堂に来れて念願かなったと非常に喜んでおられます。

念佛宗(念仏宗)はカルトという人もいるようですが・・・。

念仏宗(念佛宗)がもし本当にカルトなら、海外から国王や、皇室、その国の佛教のトップの方々がこれだけ来られるでしょうか?カルトというのは、一部の少数の方のうわさ・デマです。どんな方が世界各国から来ているか、念仏宗のホームページを見ると写真付きで出ているので確かめてみると良いと思います。

念仏宗無量寿寺(念佛宗)は、お誘いがしつこい、強引という話も聞きますが・・・。

念仏宗(念佛宗)はそんなことはありません、信仰は個人の自由なのでご自分の判断でお参りに行くか行かないかを決めれば良いと思います。宗教というだけで近づきたいくないという人も確かにいますので、そういう方が言われているのではないでしょうか?そういう方もおられると思いますので、無理はなさらなくてよいと思います。